雑貨の森では、雑貨の豆知識や、情報を載せています。是非雑貨の参考にしてみてね。

雑貨の森

アンティーク雑貨

雑貨と言うのは、アンティークがほとんどだと思います。つまり、昔作られて今でも、色んな人に愛用をされているのです。
しかし、このアンティークと言う呼び名は、どのくらい使われたら付くのでしょうか。

アンティーク雑貨のアンティークは、作られてから100年以上たった物に対して、付けられます。
100年以上も色んな人に使われているのがアンティークと言うようななるのです。
ただ100年たったとしても、使えない物は、アンティークとは呼びません。使えませんからね。

逆に、100年までは行っていないけど、80年とかたっていて、まだまだ現役なものをビンテージと呼びます。
よく、ジーパンや、アロハシャツにもビンテージと呼ばれる物がありますよね。それらが100年未満の雑貨なのです。

ですが、今では、100年経過していない雑貨でもアンティークとして呼ばれていたりもします。そんなものは、アンティーク雑貨と言わずに、アンティーク調と呼ばれていて、一応区別はされているのです。

インテリア雑貨とは何か

インテリア雑貨と言うのは、日常生活で使っているものですが、そんな中でも、使う以外でも、インテリアとしても十分に使える雑貨の事を言います。
このようなインテリア雑貨でも、灰皿や、マガジンラックなどは、結構人気がある雑貨の一部となっているため、家具を購入できるようにしている家具屋も多いようです。
これらの雑貨は、大きな物ではないので、すぐに目に入る物ではありません。しかし、使用しないで部屋にインテリア雑貨として置いておくだけでも、インテリアとして使う事が出来るのです。

インテリア雑貨も、カントリー雑貨や、ハワイアン雑貨や、アジアン雑貨などと同じように種類があります。
それぞれの種類で、それぞれの特徴がある雑貨でもあります。

それぞれの特徴がありますので、すべての雑貨を混ぜて使ってしまうと、ゴチャゴチャとした室内空間になってしまい、落ち着きがない部屋になってしまいます。ですので、なるべく、色々な種類を混ぜないで、統一をして使用するようにしたいものです。

おすすめWEBサイト 5選

徹底したコスト削減と独自の販売ルートで薄利多売を実現

カメラ 買取

シュプール(hair spur)のサロン情報。

篠崎 美容室

憧れのリアルハーフの瞳

高発色のカラコンなら

横浜市内の有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅、グループホームなどの介護施設の情報がどこよりも豊富です。

老人ホーム 横浜

Last update:2015/9/1

Copyright (C) 2008 雑貨の森. All Rights Reserved